天然木一枚板

楠(くす)【クスノキ科 ニッケイ属


クスノキ科ニッケイ属の常緑高木である。一般的にクスノキに使われる「楠」という字は本来は中国のタブノキを指す字である。
防虫効果があり、巨材が得られるという長所から家具や飛鳥時代の仏像にも使われていた。しかし、 枝分かれが多く直線の材料が得難いという欠点はあるが、虫害や腐敗に強いため、古来から船の材料として重宝されていた。

 

仕上げ加工~現場までのお届けを素早く致します。(加工賃・送料別途)

尚、商品価格には、消費税が別途かかります。

 




csks-02 
楠(くす) 8.32mの一枚板

巾695~820~1130×厚み130㎜
950,000円
もっとくわしく

csks-03 
楠(くす) 8.19mの一枚板

巾710~825~1150×厚み100㎜
850,000円
もっとくわしく
   

 

掲載していないのも多数御座います。思っている物が見つからない。又、予算的に合わない  などあれば何でもお問い合わせ下さい

 

→一覧に戻る

ホームページ掲載商品以外にも数多く取りそろえております。